HOME製品情報 > スマカメ死活監視クラウドレコーダー10

スマカメ死活監視クラウドレコーダー10

VR500-CR
VR500-CR
『スマカメ死活監視クラウドレコーダー10(VR500-CR)』は、かんたんネットワークカメラ『スマカメ』と同一ネットワーク内に接続するだけで、クラウドストレージサービスのGoogle DriveやDropBoxへ録画可能にする『スマカメ死活監視クラウドレコーダー』の機能を強化し10台まで同時録画を可能にしたモデルとなります。
microSDカードごと録画データを盗難される心配がなく、クラウドストレージサービスで録画データを直接操作できるようになるため、外部からの録画確認やデータ移送も手軽に行なえるようになります。また、死活監視機能を搭載していますので、スマカメの異常がいち早くスマホにプッシュ通知され、ダウンタイムを短縮可能です。
製品型番 JAN 参考価格
VR500-CR 4941250196883 オープンプライス
カメラ買い替え不要でクラウド録画対応に
ルーターに本製品を接続するだけで『スマカメ』の映像をクラウド録画することができるようになるため、
録画のためにカメラを買い替える必要がありません。設定もスマカメアプリから簡単に行なえます。
  • 最大同時利用台数は有線LANにてカメラを接続した場合となります。無線LAN利用時には利用可能台数が少なくなる場合がございます。
  • 音声は録音されません。
  • 最新のスマカメアプリをご利用ください。
【対応スマカメ】
Google DriveとDropBoxに対応
録画先としてクラウドストレージサービスのGoogle DriveとDropBoxを選択できます。
録画は約16MBごとの動画ファイルとなり、それぞれのアプリでファイルを検索、再生することが できます。
スマカメの死活監視機能を搭載
登録されたスマカメへ本製品より接続がアクセスできない場合、カメラが登録されたスマートフォンや
iOS端末にプッシュ通知を行います。
多台数のスマカメを管理する場合に映像の確認することなく死活状態を確認できるほか、素早い通知でダウンタイムを短縮可能です。
弊社社長の自宅の近所に泥簿が入り、防犯用に設置していたカメラの映像の提供を警察から求められた際に、映像が記録されていなかったということがありました。「必要な映像が録画されていなかったことに後で気づくのではなく、カメラへアクセスができなくなった時にすぐにわかる機能が欲しい。」そんな弊社社長の熱望でこの機能は開発されました。
低価格でのこの機能は業界初となります。ぜひ皆様の生活にもお役立ていただけましたら幸いです。
ACアダプタで給電
ACアダプタでの給電方式で、抜け止めがあるのでしっかりと録画したい方に最適です。
RoHS対応
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテル、フタル酸ジニエチルへキシル、フタル酸ジブチル、フタル酸ブチルベンジル、フタル酸ジイソブチルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。