HOME製品情報 > MHC1000

どこでも日本 Duet

MHC1000
MHC1000
「どこでも日本 Duet(MHC1000)」は、自宅やオフィスのルーターに「どこでも日本親機」を接続しておくだけで、どこからでも日本国内と同じウェブサービスを利用できるようになるサービスです。
高性能チップセットを搭載したセットを使うことで、通信速度を落とすことなく、親機と子機が弊社独自の接続技術にて自動接続されますのでGmail、Twitter、Facebook、LINEなどだけでなく多くの転送量を必要とするサービスも利用することが出来るようになります。
製品名 製品型番 JANコード 参考価格(税抜)
どこでも日本 Duet MHC1000 4941250195534 64,630円
※1年間の接続サービス料金を含みます。2年目から年額接続サービス料金10,000円(税抜)がかかります。
※記載されている価格は消費税抜のメーカ参考価格であり、消費税は含まれておりません。
海外ではインターネットが日本と同じようには使えない国や一部のサイトに制限をかけるホテルがありますが、
『どこでも日本 Duet』を使えば日本にいるときと同じようにGmailをはじめとするウェブサービスを利用することが可能となります。
『どこでも日本 Duet』は、現在使用しているルーターにLANケーブルで親機を接続。
あとは渡航先でも同じように子機を接続するだけで弊社独自の1対1暗号化通信を用いて親機と子機が自動で接続されます。
その後、渡航先でインターネット接続を利用する際は、子機から親機を経由することになるため、
日本にいるときと同じようにウェブサービスを利用することが可能となります。
『どこでも日本 Duet』は親機子機ともに高い演算処理能力を持つ高性能チップセットを搭載していますので、
多くの転送量を必要とするウェブサービスでも快適に利用することができます。
元回線 Ping:3.6ms Down:94.3Mbps Up:95.16Mbpsの環境にて平均Ping:15ms Down:55.9Mbps Up:59.6Mbpsを計測
本製品の有線LANはWANもLANもギガビット対応(1000BASE-T)、高速な通信環境を実現します。
プラネックスの誇る通信事業者様向け製品の設計・開発・検証ノウハウを投入しました。誰もが簡単・快適につかえるモノづくりを徹底。IT機器の生産拠点として世界屈指の台湾にて製造を行っています。
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。
本製品はご利用になるネットワーク環境によっては使用できない可能性もあります。
ご購入前に、お客様のご利用環境をご確認ください。
ネットワーク環境は、以下の環境確認ツールをご利用いただくことでご確認いただけますので
ダウンロードしてご利用ください。
  どこでも日本
(MHC01)
どこでも日本 VPN
(MHC-VM1)
どこでも日本 Duet
(MHC1000)
 
形態 対向する親機・子機の2台セットで機能 本体のみ 対向する親機・子機の2台セットで機能
設定 既存のネットワークにつなぐだけ 本体のルーター設定および端末のVPN設定 既存のネットワークにつなぐだけ
使用環境 子機が繋がる場所ならどこでも インターネット環境ならば世界中どこでも 子機が繋がる場所ならどこでも
接続方式 独自の1対1暗号化通信 VPN接続(PPTP) 独自の1対1暗号化通信
最大実効速度 ※1 5.0Mbps以下 46.0Mbps 60.0Mbps
本体参考価格 19,800円(税抜) 29,800円(税抜) 64,630円(税抜)
接続サービス料 3,600円(税抜)/ 年 10,000円(税抜)/ 年 10,000円(税抜)/ 年
  • 1. 元回線によって変化します。