HOME製品情報 > VR500

セキュリティユニット『SAKOKU 500』

VR500
VR500
「SAKOKU 500(VR500)」は、お使いのルーターと連携して、PCやスマートフォン、タブレット等からのデータ流出を未然に防ぐ法人向けセキュリティユニットです。
接続された機器を鎖国ゾーン化して情報漏えいを防ぐため、例え悪意あるソフトウェアに感染したとしても、被害を最小限に抑えることができます。
本製品はPCやスマホなど50台まで同時利用可能なのでSOHOや法人のオフィスで利用する場合にお勧めです。
製品名 製品型番 JANコード 参考価格
SAKOKU 500 VR500 4941250194728 オープンプライス
職場でお使いのルーターと連携して鎖国ゾーンを形成し、本製品に接続されたPCや
スマートフォン、タブレット等からのデータ流出を防ぎます。
例えば業務に必要なサイトのみ許可した鎖国ゾーンを営業部だけに設定することができます。
ルーター機能も持っていますので、メインルーターとしてお使いいただくことで
オフィスある全ての機器を鎖国ゾーンに入れることもできます。
本製品は最大NATセッション数が30,000、オフィスの機器が50台を想定して作られています。
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)はダークネット(※1)のトラフィックを監視することで
サイバー攻撃の状況を把握、国別のホスト数やパケット数も公開しています(※2)
本製品では、これらのランキングで上位の国・地域を危険と考え、
デフォルト設定でアメリカと日本を除く全ての該当国・地域への送信を規制します。
最近、個人情報流出されたケースでは、悪質なアプリからデータ漏えいしましたが、
多くは危険な国へアクセスする為、本製品を使用することで、これらの漏えいを遮断できます。
メールなど通常のやり取りは国内のサーバーを経由するので、
ブロック設定したままでもブロックした国や地域の人とのやり取りには困りません。
※1. インターネット上で到達可能な未使用IPアドレス空間
※2. nicterWeb Top 10 List
遮断ログは本製品がブロックした送信元情報と送信先情報を見ることができるので、
ネットワークのセキュリティ状況を把握することが可能です。
また、お客様の遮断ログの詳しい解析を行い、統計レポートを提供する有料サービスもございます。
レポート結果に基づいたセキュリティ対策を講じることが可能です。
ご自分でのセキュリティ対策に不安のある方向けに、弊社のエンジニアによる訪問サービスを実施します。
ネットワーク製品の製造・開発とともに、携帯電話関連ソフトウェアやドライバ全てを
国産・自社開発で20年以上続けてきた実績がある弊社だからこそ、
お客様の遮断ログや現場での作業からどのPCやスマホにデータ流出の危険があるかを
見極めながら、適切な対策を提案できます。
許可しない送信先を設定するブラックリストの設定だけでなく、
許可する送信先を個別に限定するホワイトリストの設定も出来ます。
ブラックリストと併用の他、ホワイトリストのみで運用することでより強固なセキュリティ環境を構築することも可能です。
例えばネットバンキング専用のPCを設置している場合、銀行のサーバー以外とは一切通信出来ない設定が可能です。
また世界各地にある一般的なOSやブラウザーのアップデート用のサーバーやSNSのノードなどを
最初から登録したホワイトリストの候補も用意しておりますので、
ご利用の環境や求めるセキュリティレベルに合わせてお選びいただけます。
鎖国ゾーンの外へ直接アクセスしなければならない時は一時的にブロックを無効化することも、
また一時無効化の解除も管理者がかんたんに出来ます。
本製品の有線LANはWANもLANもギガビット対応(1000BASE-T)、高速な通信環境を実現します。
ファームウェア更新を自動化しており、ご利用者がまったく意識することなく、
本製品自体が自動的につねに最新のファームウェアへ更新します。
新たな脆弱性が発見された場合などは迅速にファームウェアの更新が必要となりますが、
近年Webサイトの改ざんによる偽ファームウェア更新などでウイルスに感染する事例なども起きており、
お客様の安全が脅かされておりました。
本製品はファームウェア自動更新機能により、正規のファームウェア更新が確実に行なわれますので、
安心してお使い続けていただけます。
また弊社ではお客様の利便性を考え、製品発売後も新たな機能追加を随時行なっておりますが、
これらの新機能も自動更新によりお手を煩わせることなくご利用いただけます。
プラネックスの誇る通信事業者様向け製品の設計・開発・検証ノウハウを投入しました。誰もが簡単・快適につかえるモノづくりを徹底。IT機器の生産拠点として世界屈指の台湾にて製造を行っています。
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。