HOME│News Release < 『CS-W90FHD』を発売
2017/01/19
文書番号:G-CD-2017-0119-001
フルHD対応で細部までくっきり
カメラ一発!『CS-W90FHD』を発売
新アプリはタイムラプス・クラウド録画対応
 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、1920x1080のフルハイビジョン対応の暗視モード、スピーカー&マイク搭載のネットワークカメラ『カメラ一発!(CS-W90FHD)』を1月26日より発売いたします。
 専用アプリも合わせて一新し、タイムラプス・クラウド録画に対応した『カメラ一発!2』を提供いたします。新アプリは従来のカメラ一発!シリーズのカメラでもお使いいただけます。
製品情報
CS-W90FHD
製品名 フルハイビジョン対応 ネットワークカメラ 【カメラ一発!】
型番 CS-W90FHD
JANコード 4941250195565
参考価格 4941250195565
主な特長

フルハイビジョンだから細部までくっきり見える

200万画素の1/2.7インチCMOSセンサの採用により、フルハイビジョン(1920x1080ピクセル)での撮影に対応。画面に映った小さな対象物もよりくっきり見えます。

広角レンズ採用でより広い範囲を撮影可能

水平画角110°の広角レンズにより、一台で幅広い撮影領域をカバーすることができます。

使いやすく機能満載の新しい専用アプリ

無料アプリ『PLANEX カメラ一発!2』を使って、スマホやパソコンでカメラの映像をどこからでも見ることができます。
『PLANEX カメラ一発!2』は従来の『カメラ一発!』専用アプリから大幅にインターフェースを刷新、より使いやすくなっただけでなく、CS-W90FHDではタイムラプス録画やクラウド録画(Dropbox)といった新機能をお使いいただけます。
もちろんこれまでのカメラ一発!シリーズのカメラにも対応しており、従来のアプリからの引き継ぎ機能もあるので、手間なくすぐにこの新しいアプリへ移行することができます。
  • Windows、iPad用には従来のアプリ『PLANEX カメラ一発!』と『PLANEX カメラ一発!HD』が使用できます。

クラウド(Dropbox)、NAS、メモリーカードと録画先も選べる

クラウド(Dropbox)やネットワーク上のNAS、また本体に装着したmicroSD/microSDHCメモリーカードへの録画に対応しており、常時録画の他にスケジュール録画や、動体や大きな音を検知した時の映像を保存することが可能です。

プッシュ通知に対応したアラート機能

撮影している映像の変化を検知する動体検知機能と、音の発生をとらえる音声検知機能を搭載。
検知したアラートはスマートフォンやタブレットへプッシュ通知することができます。
アラート検知に連動した動画の録画機能は5秒前から開始されるため、アラートが発生した大事な瞬間を逃しません。

マイク&スピーカー内蔵の音声双方向機能

カメラ本体にマイクを内蔵しているので、映像と共に音声も同時に再生されます。
また、スピーカーもカメラ本体に内蔵されているため、離れた場所からカメラ設置エリアへの話し掛けが可能です。

動体検知機能に連動させ侵入者を検知した場合に声やサイレンで威嚇することもできますし、カメラの向こうの家族やペットに遠隔地からお声掛けすることもできます。
  • 音声の受信と発信は、専用アプリ『PLANEX カメラ一発!2』上のボタン操作で切り替えてどちらか一方を行なう仕様となっております。

周囲が暗くなっても撮影可能

カメラの前面に赤外線LEDを搭載。周囲の明るさを認識し、暗くなると自動的に赤外線撮影に切り替わります。
特別な操作を必要とせず、設置したままで昼でも夜でも被写体をクリアに撮影することが可能なため防犯対策等に最適な製品です。

最大36台までのカメラを同時モニタリング

Windowsパソコン専用のアプリケーションで最大36台のカメラの映像を一画面で表示できます。
これまで、高価なセキュリティシステムの導入に踏み切れずにいた面積の広い店舗や事務所などのオーナー様にも喜んでいただける最適な製品です。
  • パソコンやネットワークの状況により36台同時にモニタリングできない場合もあります。
  • アプリケーションは弊社ホームページで無料公開中です。

RoHS対応

生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。
関連ページ
リリースPDF
PDFファイルをご覧になる時は「アドビシステムズ社」の「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は右記のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードして下さい。