HOME製品情報 > SW-0424G3

24ポート+4コンボポート ギガビット/レイヤ2対応 Webスマートスイッチ

SW-0424G3
SW-0424G3
『SW-0424G3』は少ないスペースでも取り付け可能な小型ギガビット/レイヤ2対応のWebスマートスイッチ(24ポートモデル)です。
24ポートの1000BASE-T対応LANポートに加え、Mini GBIC専用拡張スロットを4基搭載しています。Mini GBICモジュールを増設することで、光ファイバーを用いたギガビット長距離通信環境を構築できますので、大規模ネットワークのセンターネットワークHUBとしての利用に最適です。
また、VLAN、QoSなどの機能を搭載し、同一ネットワークに繋がっているWebブラウザー経由で遠隔から設定が行えます。
製品型番 JANコード 参考価格(税抜)
SW-0424G3 4941250193172 49,800円
本製品から離れていても、ネットワークに繋がっているパソコンからWebブラウザーを使って設定を行うことが可能です。
ポートごとにグループ分けをすることで、決められたグループ間だけの通信設定が可能になります。
決められたグループ以外の通信を遮断するため社内のセキュリティを強固なものにします。
物理的な接続に関わらず、複数のスイッチにまたがってグループを設定することができます。
特定の端末を複数のVLANに同時に接続することができます。
Trunk機能とは、ポートを束ねることによりTrunk機能対応ハブ間の通信速度を向上させる機能です。
複数のハブをカスケード接続したときにボトルネックとなるハブ間の通信速度を高速化することが可能です。
特定のポートで送信または受信したパケットを他のポートにコピー(ミラーリング)することができます。これによりパケットアナライザーなどの監視用機器をポートに接続し、設定した別のポートを通過するパケットの詳細を参照することが可能です。
IEEE802.1q準拠QoS機能(最大4レベル)により、通信の品質を制御することができます。トラフィックに優先順位を割り当てることで、通信帯域を確保し、グループウェア・データベースなどのネットワークアプリケーションの有効性を高めます。
有線LANの使用状況にあわせて消費電力を調整する技術「EEE(Energy Efficient Ethernet)」に準拠。
EEEは有線通信時に使用していない帯域のMAC層への電源供給を止める「LPI」機能と、
トラフィックの量によって伝送速度を調整しチップの消費電力を抑える「RPS」機能の2つの機能を
あわせ持つ省電力型のイーサネットです。LANポートにケーブルを挿したままでも、
使用状況に応じて自動で各機能の調整を行いますので、意識することなく省エネを図ることができます。
また、ポートの状態やケーブルの長さを判別し、消費電力を自動で調整します。
未使用ポートへの供給電力を制限し外出時や夜間などパソコンを使用しない時間帯の無駄な電力消費を抑えます。
ストア&フォワード転送方式を採用。本製品内でエラーパケットを遮断し、無駄なトラフィックの発生を抑えます。
電源を内蔵しており、電源ケーブルは本体から取り外しが可能です。ACアダプタに煩わされることなく、また本体も小型化を実現し、自由度の高い設置を可能とします。
19インチラック用マウントキットが付属していますので、ラックへの取り付けが可能です。
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。